ここから本文です

志村けん 入院中は“女断ち”…デートの相手「覚えてない」

東スポWeb 9月15日(木)16時26分配信

 肺炎のため主演舞台「志村魂」を休演し、入院・治療していた大御所芸人の志村けん(66)が15日、都内で行われた「わさムーチョ新発売&新キャラクター就任式」(コイケヤ主催)に出席した。

 志村は高熱でドクターストップがかかるも、先月19日の大阪公演に強行出演。舞台後に緊急入院して以後の公演は休演にし、都内に戻って入院していた。先月31日に退院し、今月11日からは仕事復帰した上、写真誌「FLASH」で20代美女とのデートも報じられた。

 退院後、初めて公の場に登場した志村は声がれが残りながらも、アロハシャツにジーンズといういつもの私服で、元気そうな姿を見せた。「1か月半舞台をやるのに休みがなく、スケジュールがきつかった。3時間半の舞台を2回の日が特にきつい。11年目の舞台で、11年前と同じ感じでやってしまった。疲れがたまっていたのかも。これからは体力を考えて休演日を設ける」と反省しきりだった。

 続けて「2週間入院した。これだけ長く休むのは初めて。大阪の新歌舞伎座でやるのは初めてで、3日間のチケットが売り切れていたのでなんとしてもやりたかった。お客さんは楽しみにしてくれていた。体もしんどいが、それがつらかった。来年、もう一回やる」と“芸人魂”あふれるコメント。

 入院中は酒もたばこも禁止のため、久々の長い休肝日となった。小指を立てながら「これ来たら危ないよね。(美女は)来てない」と“女断ち”もした。1日3箱吸っていたヘビースモーカーだったが、今は部屋にたばこがあっても手を伸ばさないという。

「きつい思いをしたのでもういいか、という思いがある。今は吸いたくない。このままやめるのでは」と禁煙を宣言。一方で「酒はやめられない。少しくらい飲ませてよ。今は軽く飲んでいる。以前はロックだったが今は水割りで。やっぱり健康が大事。以前は午前3時、4時まで飲んでいたので、これからは2時くらいまでにする」と笑わせた。

 激写されたお相手の美女については「ん、誰と飲んだか覚えていない」と記憶があいまいだったが、体調は「だいじょぶだ~」と心配なさそうだ。

最終更新:9月15日(木)17時5分

東スポWeb