ここから本文です

JVC、バランス対応ヘッドフォンアンプ「SU-AX01」

アスキー 9月15日(木)17時39分配信

JVCはバランス接続に対応したハイグレードなポータブルヘッドフォンアンプ「SU-AX01」を発売する。

 JVCケンウッドは9月15日、JVCブランドよりバランス接続対応のハイグレードポータブルヘッドフォンアンプ「SU-AX01」を発表した。11月上旬に発売する。
 
 新たにフルバランス構成のアナログ回路や独自のハイスピード電流帰還ディスクリートアンプを搭載して高音質を追求。DAC以降のアナログ回路はフルバランス構成とし、ボリュームには高精度電子ボリュームを採用するとともにL/R独立で搭載、L/R独立電源。L/R独立ヘッドフォンジャックも搭載するなど音のセパレーションを向上させている。
 
 デジタル回路とアナログ回路を別基板に分離し、相互干渉を低減させたクリアな音質を実現している。シャーシには同社比1.5倍厚の非磁性ステンレスを素材を採用し、従来のfホールに加えてバナナホールを配置、高剛性シャーシにしなやかさを付加している。
 
 DSD 11.2MHz、PCM(384kHz/32bit)などのハイレゾ音源に幅広く対応する。実用最大出力は220mW+220mW(バランス接続、32オーム)、入力端子はUSB A(iPhone/iPad/iPod接続用)、micro USB(パソコン接続用/充電用)、光入力、COAXIAL入力(RCAピンジャック)、LINE入力(3.5mm)。内蔵リチウムイオンバッテリーは約5.5時間(アナログ接続時)利用可能。
 
 本体サイズは約幅80.4×奥行き153.5×高さ28.5mm、重量は約400g。バランス接続に対応し、同社CLASS-Sシリーズのヘッドフォンに対応する専用ケーブル3製品もラインナップする(両出しタイプ/方出しタイプ/MMC端子)。価格は本体、ケーブルともにオープン。
 
 
文● 行正和義 編集/ASCII.jp

最終更新:9月15日(木)17時40分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]