ここから本文です

【神戸新聞杯】リオンディーズ パワフル快走!春の雪辱へ順調

デイリースポーツ 9月15日(木)6時4分配信

 「神戸新聞杯・G2」(25日、阪神)

 パワフルな脚さばきは健在だった。14日、リオンディーズはM・デムーロを背に栗東CWで単走。序盤からスピードに乗ると、道中はリズム良く運び、直線は馬なりで流す程度。気持ち良く四肢を伸ばし、6F79秒9-39秒1-13秒0を計時した。

 ダービー以来の騎乗となった鞍上は「良かったね。調子もいいみたい。2歳の時からすごかったし、変わっていない」と好感触を伝える。前川助手は「折り合い重視でしたが、ある程度のスピードになれば折り合いますね。うまく乗ってくれました」とうなずいた。

 古馬初挑戦となる天皇賞・秋に向けた大事な始動戦。主戦は「調教は乗りやすいが、レースは分からない。メンバーは強いけど、頑張りたい」と力強い。皐月賞&ダービーで5着に終わった2歳王者が、さらに状態を上げて春の雪辱を果たす。

最終更新:9月15日(木)8時11分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。