ここから本文です

有楽町駅前広場で伊豆諸島・小笠原諸島フェア 特産品販売会も /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月15日(木)11時50分配信

 JR有楽町駅前広場で9月23日~25日、「東京の島には、『愛』がある。」をコンセプトに伊豆諸島・小笠原諸島の自然環境、人々の暮らし、文化・観光資源・特産品などを紹介する「東京愛らんどフェア」が催される。主催は公益財団法人東京都島しょ振興公社。(銀座経済新聞)

昨年の「東京愛らんどフェア」の様子

 大島、利島、新島・式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島、小笠原の父島・母島に加え、東京都の東日本大震災復興応援の一環として、福島県も出展する同催し。

 会場では特産品販売会として、つばき油、くさや、ウツボチップス、みりん干し、うるめ、ところてん、ムロアジ薫製、サメジャーキー、パッションフルーツ梅酒、とびうお塩干し、島のり、青パパイアなどを販売。ほかに銀座の郷土料理店「八丈島 ゆうき丸」の島ずし(3貫、500円)も各日数回、数量限定で提供する。

 屋外ミニステージでは24日の14時と25日の16時から、写真家・川野恭子(きょん♪)さんによる「旅フォト講座」を開くほか、伊豆諸島・小笠原諸島の担当者による観光や特産品のPRなどを行う。

 同フェア広報担当者は「伊豆諸島・小笠原諸島の各島から自慢の特産品が勢ぞろいする観光PRイベント。島の郷土料理である島ずしも手軽な価格でご賞味いただけるので、この機会にお立ち寄りいただければ」と話す。

 開催時間は23日=12時~19時30分、24日=10時~18時30分、25日=10時~17時。雨天決行。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月15日(木)11時50分

みんなの経済新聞ネットワーク