ここから本文です

仲里依紗、シュワちゃんとCM共演!素顔はおちゃめでカワイイ?

シネマトゥデイ 9月15日(木)19時22分配信

 女優の仲里依紗が15日、千葉の幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2016」内で行われたゲーム「モバイルストライク」の新CM発表会に俳優の賀来賢人と来場し、CMで共演したアーノルド・シュワルツェネッガーについて語った。

【写真】シュワちゃんからメッセージも!

 「モバイルストライク」は、近代ミリタリー戦をテーマとした世界最大級のシミュレーションバトルゲーム。これまでもCMにはシュワルツェネッガーが出演してきたが、今回は仲が参戦。総司令官にふんする二人が「モバスト」の世界観を再現した大迫力の戦闘シーンを繰り広げるCMとなっている。

 シュワルツェネッガーとの共演を振り返り、「葉巻をくわえていらっしゃったんで『本物だ!』と思って。想像していた以上にワイルドでダンディーな方だなと思っていたんですが、実際にお話をしたらコミカルで、ジョークを交えておしゃべりをしてくれたので、おちゃめでカワイイおじさまだなと思いました。すごくキュンとしてしまいました」と述懐する仲。

 CMのメガホンをとったのは、シュワルツェネッガー主演の『マギー』を手がけたヘンリー・ホブソン監督。撮影は今年5月にスペインの採石場で行われ、まるで砂漠での戦地をイメージしたかのような臨場感あふれる映像となっている。仲も「現場ではヘリも飛んでいて、今から爆破があるので逃げてくださいと言われて、山の上に逃げたり。スケールが大きすぎて、何をやっているかわからないくらいスゴすぎた」と笑った。

 また、撮影現場にあったケータリングについて「コールドプレスジュースだったり、野菜のスティックだったりと、皆さんの健康に気を使っているメニューでした」と明かした仲は、「スタッフの皆さんが本当にいい方で、常に何か食べなさいと言ってくれる。なんだか実家に帰ったような温かい感じで、すごく楽しかったです」と振り返った。そんな仲の撮影風景を聞いた賀来は「非常にうらやましい限り。日本じゃなかなかない撮影ですよね」とうらやんだ。

 そして最後に仲は「実はうちの旦那さま(俳優の中尾明慶)もこの『モバスト』の信者です。家族そろってできるゲームなので、おうちに帰ったらゲームをしてみてください」とアピールした。(取材・文:壬生智裕)

「モバイルストライク」新CM「奇襲編」は17日よりオンエア開始

最終更新:9月15日(木)19時22分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。