ここから本文です

【ローズS】シンハライト レースへ向けスイッチON!3度目激突へ態勢万全

デイリースポーツ 9/15(木) 6:04配信

 「ローズS・G2」(18日、阪神)

 2頭の女王がいずれも好気配だ。14日、オークス馬シンハライトは栗東坂路で余力十分に先着。仕上がりの良さをアピールすると、桜花賞馬ジュエラーも栗東DPで強烈な加速を披露し、こちらも万全の態勢をアピールした。ここまで両馬の対戦成績はともに1勝1敗。前哨戦で勝ち越しを決め、2冠奪取へ弾みをつけたい。

 豪快に伸びた。オークス馬シンハライトの最終デモは、先週に続いて池添が騎乗。栗東坂路で僚馬グランジャー(3歳500万下)に楽な手応えで並びかけると、そのまま緊張感を持続しつつ、グイグイと脚を伸ばした。全体時計は4F54秒7だが、ラスト1Fは12秒2。余力十分に半馬身先着のフィニッシュだ。

 「先週は少しふわつくところがありましたが、今週はラストまで集中していました。乗り味は変わらずに抜群です。軽く仕掛けただけであの反応でした」と、手綱を取った池添は相棒の変化に納得の表情を浮かべる。

 1週前の追い切りで、鞍上は既に春と変わらない感触を得ていた。「順調に夏を越してほしい、それを願っていた馬ですから」。先週は抜け出してから集中力を欠くところがあったものの、レース当週を迎えた樫の女王のスイッチは確実にオンへと切り替わった。見届けた石坂師も「注文のつけようのない内容の追い切りができましたね。先週と同じでしまいを伸ばすという形ですが、動きも時計も良かったですから」と満足げに話した。

 本番を前に、桜花賞馬ジュエラーといきなりの激突。両者の対戦はチューリップ賞と桜花賞で1勝1敗だ。この戦いには誰もが注目するところだが、指揮官は「“2強対決”と言われて、そうならなかったことがよくありますからね」と、はやる報道陣を制するようにサラリ。「とにかく、この馬の走りを見せることができればいい。何の心配もなく順調に来られましたから」。泰然自若の構えで秋の始動戦に臨む。

最終更新:9/15(木) 8:10

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]