ここから本文です

「バイオハザード7」VRが死ぬほど恐ろしい!驚異の親和性に冷や汗

シネマトゥデイ 9/15(木) 21:03配信

 15日、千葉・幕張メッセで日本最大級のゲームの祭典「東京ゲームショウ2016」(一般公開・9月17日~18日)が開幕し、大手ゲームメーカー「カプコン」のブースに、人気サバイバルホラーゲーム最新作「バイオハザード7 レジデント イービル」のPlayStation(C)VR試遊台が出展された。

【写真】眼前に迫る恐怖…

 「バイオハザード7」は、カプコンが“アイソレートビュー”と呼ぶ主観視点と“REエンジン”が実現したフォトリアルな表現で、これまでの「バイオハザード」シリーズとは異なる恐怖を演出する新作。PlayStation(C)VRの技術デモ「KITCHEN」や現在PlayStation(C)4ユーザー向けに配信中の体験版「バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~」によって、新しい恐怖体験がユーザー間で話題を呼んでいる。

 試遊プレイでは、荒れ果てた木造小屋の中で恐ろしい形相の老婆から逃走するシチュエーションが展開。序盤をプレイした段階ではこちらに攻撃手段がなく、物陰や暗闇に隠れて老婆をやりすごすしかない、絶望的な恐怖を体験することになる。

 老婆の動きを把握するため、物陰から顔をのぞかせる場面などはVRの真骨頂。老婆が突然こちら側に顔を向けた瞬間などは、思わず「ヒッ」と声を出してリアルでのけぞってしまい、ひたいと脇から汗がとめどなく流れる。それでもクリアのためには、“見たくないものにも目を向ける”しかない。さらに、謎に包まれた「ベイカー一家」と汚物にまみれた食卓を囲むシーンは、伝説的ホラー映画『悪魔のいけにえ』の“晩餐会”シーンに入り込んだような感覚。映画ファンにとっても見逃せない体験だ。

 今回のゲームショウでは、6つの国・地域から35社が出展するVR(仮想現実)コーナーが設置されるなど、ゲームショー全体で、VRを“体験”できる出展が充実。VR分野の出展タイトル数は110となっている。「KING OF PRISM by PrettyRhythm」「刀剣乱舞-ONLINE-」などの関連コンテンツはすでに長蛇の列で、体験をあきらめるしかない状態だった。「バイオハザード7」はとてつもない混雑となることが予想される。(編集部・入倉功一)

「バイオハザード7 レジデント イービル」は2017年1月26日発売予定 対応ハード:PlayStation(R)4(PlayStation(R)VR対応、PlayStation(R)4 Pro 4K / HDR対応)、Xbox One(Xbox One S HDR対応)、PC 希望小売価格:ディスク版 7,990円+税 ダウンロード版 PS4、PC 7,398円+税 Xbox One 7,400円+税

最終更新:9/15(木) 21:03

シネマトゥデイ