ここから本文です

NY株、2カ月ぶり安値=原油下落を嫌気

時事通信 9月15日(木)7時0分配信

 【ニューヨーク時事】14日のニューヨーク株式相場は、原油価格の下落を嫌気して続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比31.98ドル安の1万8034.77ドルと、7月7日以来約2カ月ぶりの安値で終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は18.51ポイント高の5173.77で引けた。

 前日に大きく下げた反動で、午前はほぼプラス圏で推移。新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」の予約が好調と伝えられたアップルが前日に続いて買われた。しかし、米国内の石油製品在庫の増加を受けて原油先物相場が大幅安となったことから、エネルギー株を中心に売りが出て、ダウは午後に下げに転じた。 

最終更新:9月15日(木)10時28分

時事通信