ここから本文です

JVCがバランス対応/ディスクリートアンプ搭載ヘッドフォンアンプ「SU-AX01」

アスキー 9月15日(木)18時30分配信

JVCケンウッドは9月15日、ヘッドフォンアンプ「SU-AX01」を発表した。

 JVCケンウッドは9月15日、ヘッドフォンアンプ「SU-AX01」を発表した。
 
 バランス接続に対応し、3.5mmミニジャックを2系統(L/R)設ける。アンバランス接続も可能。フルバランス構成のアナログ回路と「ハイスピード電流帰還ディスクリートアンプ」を搭載し、緻密で力強い音質と自然な空間表現を実現した。
 
 専用のヘッドフォンケーブル「CN-HY01MB(両出しタイプ)」、「CN-HS01MB(片出しタイプ)」、「CN-HM01MB(MMCX端子)」する。同日発表のイヤフォン「WOOD 01 innner」および「WOOD 03 innner」がMMCX端子を採用しているため、トータルで揃えての使用も可能だ。
 
 デジタル入力端子として、iOS端末のLightning経由での接続に対応したUSB端子と、microUSB端子を搭載。また背面には、光デジタル入力端子と、3.5mmアナログ入力端子を設ける。
 
 内臓のリチウムイオンバッテリーで駆動。駆動時間はアナログ接続時で最大5,5時間、デジタル接続時で最大5時間。また、外部電源で駆動させる「ハイインシティモード」に対応し、iOS用の2.1(2.4)Aアダプターを使用して電源共有用のUSB端子に給電すると、インジケータが緑から青に点灯し、切り替わる。
 
 価格はオープンプライスで、実売価格は12万弱になる見込み。11月上旬発売予定。
 
 
文● 貝塚/ASCII

最終更新:9月20日(火)15時35分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]