ここから本文です

『アノニマス・コード』“TGS2016限定体験版”でアドベンチャーゲーム史に残るであろう“セーブ&ロード”を体感!【TGS 2016】

ファミ通.com 9/15(木) 11:12配信

文・取材・撮影:編集部 武藤先輩

●すでにおもしろい。続き、はよ!
 2016年9月15日(木)~18日(日)の4日間、千葉県の幕張メッセで開催中の“東京ゲームショウ 2016”。同イベントのセガゲームスブース内にて『アノニマス・コード』の“TGS2016限定体験版”が出展された。そのプレイリポートをお届けする。なお、最初に言っておくが、記者はロリコンではない。

 『アノニマス・コード』と言えば、『シュタインズ・ゲート』や『カオスチャイルド』のほか、2016年10月よりテレビアニメが放送される『オカルティック・ナイン』など、さまざまな注目作を世に送り出している、志倉千代丸氏が率いる“チヨマルスタジオ”の最新作。ゲームのように“セーブ&ロード”の能力が使える主人公・ポロンが活躍するアドベンチャーゲームとして、プレイステーション Vita、プレイステーション4の2機種でのリリースが発表されているタイトルだ。今回、“東京ゲームショウ 2016”の会場で遊べたのは、このイベントのために用意された“TGS2016限定体験版”。何者かのハッキングによって地上から旅客機がハイジャックされたという、“ハイハック事件”を解決することが目的となる。プレイヤーは旅客機が墜落するまでの限られた時間の中で、さまざまな手段を試み、事件を解決に導かなければならない。

 今回、初めて『アノニマス・コード』が試遊できるということで、本作独自のシステムである“ハッキングトリガー”に注目してプレイ。“ハッキングトリガー”とは、ポロンの持つ“セーブ&ロード”の能力を、プレイヤーから指示を出して使用させるというもので、今回のバージョンでは“セーブ&ロード”の能力の“ロード”部分のみ自由に行える内容となっていた。いつでも、どんなときでも、メニュー画面を開いて“ロード”を指示すると、物語がセーブしたところまで戻るような仕組みだ。ただし、闇雲にロードをしても意味がなく、ロードをするべきポイントでは画面の表示が切り換わり、ロードを促すようなものとなっており、プレイする上でわかりやすい配慮がなされていたのが印象的だった。ただし製品版でもこのままの仕様になるかは検討中とのこと。このロードが促されたときにポロン君に指示を出すと、物語が先に進んだ状態の記憶を持ったままセーブ時点に戻るため、そこから物語が新たに分岐していくというわけだ。


 プレイヤーは、ふつうに読み進めていくだけでは事件を解決できず、“ハッキングトリガー”を駆使してさまざまな情報を手に入れながら、解決への糸口をつかむこととなる。これは物語を自分で操っているかのような“神にも近い感覚”を味わえるうえ、事件解決への流れが組み上がったときには、達成感や爽快感を感じるほどの気持ちよさがあり、10分ほどのプレイにも関わらず物語にグイグイと惹き込まれた。実際、解決に向けての一連の流れを読み進めているときは、ページを進めるボタンを押すテンポが早くなり、「早く続きが読みたい!」と気持ちが逸っていたように思う。

 また、物語に惹き込む要素は、“ハッキングトリガー”という特殊なシステムやシナリオだけではなく、世界観がしっかりと作り込まれており、画面がにぎやかだったという点も挙げられる。2Dで描かれたイラストをそのまま動かすことができる“E-mote”が取り入れられたキャラクターたちは表情豊かにフルボイスで会話をし、画面にはBMI(※ブレイン・マシン・インタフェース。本作の舞台となる2037年の世界では、視界にデジタル情報を介入させるこの技術が一般的に普及しており、ポロンたちはこれを利用して情報収集やハッキングを行っている)によって、さまざまな人からのコメントがポップアップで表示されたりデジタルな表現で映像が挿入されたりと、とにかくにぎやかなのだ。これまでの作品にはない、この画面のにぎやかさは本作独自のものとも言えるだろう。また、ポロンやモモといったキャラクターが、物語(ゲーム)の外の存在であるプレイヤーのことを知覚しているという点も、新鮮な気分を味わえた。この感覚は、ぜひ体験版をプレイして楽しんでほしい。最後に、会場でプレイしようと思っている方に、ぜひ注目してほしい点をお伝えしておく。ノンノがめちゃめちゃかわいいぞ! 以上。

■エンディングに応じたハッカーランク認定証がプレゼントされる!
 9月17日、18日の一般日に『アノニマス・コード』を試遊すると、到達したエンディングに応じたハッカーランク認定証がプレゼントされる。数に限りがあり、なくなり次第終了とのことなのでお見逃しなく! 個人的にはAランクよりCランクの認定証のほうがいいなあと思ったり思わなかったり。

最終更新:9/15(木) 11:12

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]