ここから本文です

性暴力被害に向き合った小澤雅人監督作「月光」、ワルシャワ国際映画祭で上映決定

映画ナタリー 9/15(木) 12:00配信

小澤雅人監督作「月光」が、第32回ワルシャワ国際映画祭のインターナショナルコンペティション部門で上映されることがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「月光」は性暴力被害に遭ったピアノ教師のカオリが、自らを傷付けた男の娘である少女ユウと痛みを共有していく姿を描いた作品。テレビドラマ「なぞの転校生」の佐藤乃莉と「悪夢ちゃん」の石橋宇輪が主演を務め、遠山景織子、黒沢あすか、美保純らが共演に名を連ねる。

同映画祭は現地時間10月7日から16日までポーランドにて開催。なお「月光」は、日本では10月1日から神奈川のシネマ・ジャック&ベティ、10月10日から茨城・CINEMA VOICE、11月12日より宮城・桜井薬局セントラルホールにて上映が行われる。



(c)2016『月光』製作委員会

最終更新:9/15(木) 12:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]