ここから本文です

永井豪、西内まりや版『キューティーハニー』に太鼓判 「すばらしい発展形」

cinemacafe.net 9月15日(木)19時36分配信

幅広いジャンルで活動する西内まりやが9月15日(木)、都内で行われた初主演作『CUTIE HONEY -TEARS-』の完成披露イベントに出席し、「いい意味で期待を裏切る、スタイリッシュな作品に仕上がり、私自身も成長させてもらえた」と強い手応えを示した。

【画像】主演の西内まりや

永井豪原作の名作アニメ「キューティーハニー」を、庵野秀明監督の『Cutie Honey キューティーハニー』(2004)以来12年ぶりに実写映画化。人類が激減し、AIによって支配された近未来を舞台に、感情を宿した美しいアンドロイド、キューティーハニーこと如月瞳(西内さん)が、人類存亡の危機を救う戦いに身を投じる。

CGを多用した撮影に、西内さんは「想像力が鍛えられた」といい、「アニメにあったお色気は封印し、イメージを覆す作品だからこそのメッセージや良さを感じてもらえれば」とアピールした。

この日は原作者の永井豪氏が駆けつけ、「私にとっては思い出が詰まったキャラクター。世界観は違うが、ハニーらしさはしっかり押さえていて、すばらしい(原作の)発展形になっている」と太鼓判。「原作者冥利に尽きる。感激しました。作品に関わった皆さんにありがとうと言いたい」と西内さんらキャスト、スタッフに感謝の意を表した。

完成披露イベントには、共演する三浦貴大、石田ニコル、永瀬匡、今井れん、岩城滉一が同席し、「美女に囲まれ、ひたすら楽しませていただいた」(三浦さん)、「感情のないアンドロイドの役なので、いかに“物”になるかを意識した」(石田さん)、「舞台が近未来の下層階だったので、ホコリっぽかった(笑)」(永瀬さん)、「西内さんが歌う主題歌がすばらしい」(今井さん)、「若い皆さんが200%の力で頑張っていた」(岩城さん)と語っていた。

『CUTIE HONEY -TEARS-』は10月1日(土)より全国にて公開。

最終更新:9月15日(木)20時12分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。