ここから本文です

サッカー=欧州CL、セビリアはユーベとドロー 清武出場なし

ロイター 9月15日(木)9時26分配信

[ミラノ/マンチェスター(イングランド) 14日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は14日、各地で1次リーグ初戦を行い、H組で清武弘嗣の所属するセビリア(スペイン)は敵地でユベントス(イタリア)と対戦し、スコアレスドローに終わった。清武はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

セビリアはあまりチャンスを作れず、ピンチの場面ではGKセルヒオ・リコの好セーブの活躍もあって無失点で乗り切った。ユベントスはゴンサロ・イグアインのヘディングシュートがクロスバーに嫌われるなど、チャンスを生かせなかった。

同組のリヨン(フランス)はホームでディナモ・ザグレブ(クロアチア)に3─0で勝利を収めた。

また、前日に悪天候で順延となっていたC組のマンチェスター・シティー(マンC、イングランド)は、ホームでボルシアMG(ドイツ)に4─0で快勝。セルヒオ・アグエロがハットトリックを決めた。マンCは今季から指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ新監督のもと、ここまで公式戦全勝。

最終更新:9月15日(木)9時26分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。