ここから本文です

オンキヨー、フルバランス設計のハイレゾプレーヤー「DP-X1A」

アスキー 9月15日(木)18時58分配信

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは9月14日、オンキヨーブランドより、ハイレゾ音源対応ポータブルデジタルオーディオプレーヤー「DP-X1A」を発表した。

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズは9月14日、オンキヨーブランドより、ハイレゾ音源対応ポータブルデジタルオーディオプレーヤー「DP-X1A」を発表した。発売日は10上旬で、販売予想価格は8万6184円前後。
 
 DP-X1Aは、DSDは11.2MHz、FLAC・WAVは384kHz/24bit、MQAのハイレゾ音源の再生に対応し、DACから出力端子までフルバランス回路設計にするAndroid OSを搭載したポータブルデジタルオーディオプレーヤーだ。Wi-FiおよびBluetooth機能により、ワイヤレス環境下でさまざまな機器との連携が可能だ。
 
 オーディオ回路には、ESS社製 SABRE DAC「ES9018K2M」、SABRE「9601K」をそれぞれ2個搭載。S/Nのよいクリアかつ広がりのある音を実現したという。通常のBTLバランス駆動に加え、Active Control GND駆動が可能。2つのDAC出力のL-GND/R-GNDをCOLD側アンプを使い「0V」に固定し、揺らぎを排除したクリアで奥行きのあるサウンドに仕上げた。
 
 Android CPU基板とオーディオ(DAC/アンプ)基板を別基板にすることで、オーディオ回路へのデジタルノイズの影響を排除した「筐体内基板セパレーション構造」を採用。高音質出力を実現するバランス出力端子や Micro USB/OTGデジタル出力を搭載し、さまざまなヘッドホンや周辺機器に対応した。
 
 サイズはおよそ幅75.9×奥行き12.7×高さ128.9mmで、重量がおよそ205g。ディスプレーは4.7型(静電容量タッチパネル)。内蔵ストレージは64GB(システム領域約 7GB と共用)で、拡張スロットはmicro SD×2(SDXC対応)。音楽再生可能ファイルはDSD/DSF/DSD-IFF/FLAC/ALAC/WAV/AIFF/MQA/Ogg-Vorbis/MP3/AAC。再生周波数帯域は20Hz~80000Hzで、インピーダンス16~300Ω(Unbalance)、32~600Ω(Balanced)。
 
 
文● 田沢

最終更新:9月15日(木)19時0分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]