ここから本文です

中板橋にタイ北部のコーヒーを扱うカフェ 現地の貧困問題解決の一助に /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月15日(木)12時1分配信

 中板橋に9月12日、タイ北部のコーヒーを扱うカフェ「Yamaki coffee」(板橋区中板橋、TEL 080-4622-3737)がオープンした。(板橋経済新聞)

自家製レアチーズケーキなどデザートは日替わり

 同店がオープンしたのは、twitterでのつぶやきが話題になったビカスさん経営の飲食店「だいすき日本」があった場所。間取りは同じだが、床や壁などを自身でリフォームして雰囲気をガラリと変えた。

 オーナーの山木輝彦さんは「タイコーヒーを扱うからといってタイっぽい内装にしてしまうと、コーヒー好きな方には敷居が高くなるかもしれないので、シンプルな内装のカフェを目指した。快適に過ごしてもらいながら、タイコーヒーの魅力が多くの人に伝われば」と話す。

 もともとは会社員だった山木さん。知人に勧められて訪れたタイでその土地の魅力にはまり、何かビジネスができないかと考えるようになった。「タイ雑貨の店なども考えたが他に何かないかと現地で探す中で、北部でコーヒーを栽培していることを知った。タイコーヒーを輸入することでタイ北部に住む山岳民族の貧困問題を解決する一助にもなれると思い、タイコーヒーをメインで扱うカフェのオープンを決めた」

 自家製の日替わりデザートは、スッキリした味わいのタイコーヒーにも合うように作られている。大きめのマグカップで提供されるタイコーヒーは1杯500円。浅いりと深いりで変わる味わいも楽しんでほしいという。

 「継続的な支援のためにも、タイコーヒーを飲める場所としてのカフェをしっかり続けていきたい」と山木さん。「今後はコーヒー豆の販売も考えており、カフェの運営と支援のためにクラウドファンディングも利用している。9月30日まで募集しているので興味がある方はサイトを見ていただければ」と呼び掛ける。

 「タイへの支援にも力を入れているが、地域の人とのつながりも積極的につくっていきたい。出店場所を考えたとき、近所の人が集まってほっこりできる場所がいいと思った。中板橋には地域の人の温かいつながりを感じている」とも。

 9月20日からはランチも開始予定。日替わりでグリーン・レッド・イエローのタイカレー(各800円)を用意する。

 営業時間は10時~19時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月15日(木)12時1分

みんなの経済新聞ネットワーク