ここから本文です

反ドーピング機関で五輪選手の個人情報流出、「犯行はロシア」と名指し

ITmedia エンタープライズ 9月15日(木)8時25分配信

 世界反ドーピング機関(WADA=The World Anti-Doping Agency)は9月13日、ドーピング情報を管理するデータベース「ADAMS」がサイバースパイ集団によって不正アクセスされ、リオデジャネイロ大会に出場した選手の医療記録を含む個人情報が流出したと発表した。

【画像:犯行声明を出したFancy Bears】

 これに関連して同日、国際ハッキングチーム「Fancy Bears」を名乗る集団がネット上に声明を掲載し、WADAのデータベースをハッキングしたと宣言。まず米国選手の情報を暴露し、今後は他国の選手の情報も公開すると予告した。

 WADAはFancy Bearsについて、ロシアのサイバースパイ集団と断定した。同集団はスピアフィッシング詐欺の手口でパスワードを入手して、国際オリンピック委員会がリオデジャネイロ五輪用に作成したアカウントを通じてWADAのデータベースに侵入したという。

 WADAは捜査当局に通報するとともに、組織内外の脆弱性をチェックし、関係者にパスワードの安全な管理や利用を徹底させる措置を講じると表明した。

 ドーピング問題を巡っては、ロシアが国家ぐるみのドーピングを行っていたとするWADAの報告を受けて同国の選手多数がリオデジャネイロ五輪に出場できなくなり、パラリンピックには全員が出場できなかった。

 WADAによれば、ロシアのドーピング問題を告発したユリア・ステパノワ氏のADAMS用のパスワードも8月に盗まれ、何者かが同氏のアカウントに不正侵入していた。

 Fancy Bearsの声明では、「米国選手団は汚れた勝利によってその名をおとしめた」と主張。「有名選手がドーピング薬物を摂取していたセンセーショナルな証拠」を示すと公言している。

最終更新:9月15日(木)8時25分

ITmedia エンタープライズ