ここから本文です

新しい発想の3Dプリンタで作る“伸縮性”のあるニット「AMIMONO」 ファッションの可能性を広げてくれそう

ねとらぼ 9/15(木) 11:10配信

 イラストをアップロードするだけでアパレルアイテムを作れるオンラインサービス「STARted」は、3Dモデリングアイテムのブランド「Free-D」と共同で、3Dプリントで編み上げた“伸縮性”のあるニット「AMIMONO(アミモノ)」を開発しました。

【伸縮性があり、折りたたむことができる服が3Dプリンタで出力】

 従来の3Dプリンタで出力された衣類はレーザー焼結された樹脂の部品で作られるために、着ることはできても実用的ではありませんでした。

 「AMIMONO」は、ゴムのような弾力性のある「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」を糸にして出力空間でニット状に編み上げる(プリントする)という新工法を使い、一般的なセーターのように伸縮し、折りたたむことのできるものになっています。また、ボタンやボタンホールなどのパーツも一体化されてプリントされます。

 「AMIMONO」のでプリントしたニットを着ている動画も公開されています。この新しい技術が、今後どのように実用化されていくのか楽しみですね。

TPU(Thermoplastic Polyurethane)

TPUは熱可塑性ポリウレタン、ウレタンゴム、ウレタン樹脂とも呼ばれる、ゴムのようなしなやかな弾力性と硬質プラスチックのような強靭さをあわせ持つ高分子化合物です。

最終更新:9/15(木) 11:10

ねとらぼ