ここから本文です

阪神・藤浪 160キロもまた広島戦勝てず「球速より球質なんで」

スポニチアネックス 9月15日(木)7時1分配信

 ◇セ・リーグ 阪神4―6広島(2016年9月14日 甲子園)

 阪神・藤浪晋太郎投手(22)が14日の広島戦(甲子園)で日本球界6人目となる160キロの大台を計測した。初回1死満塁から鈴木の3球目にマーク。自らが持つ球団最速を一気に2キロ更新したが、初回に2失点するなど6回2/33失点で降板。セ・リーグ覇者に対し今季6試合登板も4敗でいまだ未勝利。悩める1年を象徴する結果となっているだけに、160キロを今後の進化のきっかけにしてほしい。

 苦境に立たされた中で叩き出した「大台」だった。初回1死満塁で迎えた鈴木への3球目-。外角低めへ外れたボールは、日本球界では大谷(日本ハム)以来、6人目となる160キロを計測した。

 「まあ、ひっかけたボールなので。(スピード)ガンが出たから、抑えられるわけでもない。球速より球質なんで」

 鈴木への初球にも、今季マークしたこれまでの最速158キロを更新する159キロを投げるなど、ボールの走りは申し分なかった。だからこそ、結果に結びつかないことが悩ましい…。何度も見て来たこの光景。課題の立ち上がりを、この夜も克服できなかった。

 鈴木の三ゴロの間に先制点を献上すると、続く野間には156キロを左前に運ばれて瞬く間に2失点。初回だけで3四球と制球の乱れで作られた得点機を着実にものにされ、出ばなをくじかれた。追加点を与えず、何とか粘ってきた6回も先頭の丸に与えた四球から1死三塁とされ鈴木に直球を右前に弾き返され3点目を許した。7回2死二塁で丸を迎えたところで無念の降板。打線が一時、逆転に成功し、両リーグワーストタイの12敗目こそ免れたが、鯉に倍返しの快投とはいかなかった。

 広島戦は今季6試合に先発して未勝利(4敗)と、リーグ優勝チームに一方的にやられた形。意地と執念を白球に込めて腕を振ったが、返り討ちにされた。

 ただ、肩を落としただけではない。リリースポイントを前にした投球フォームを試し、2回からの4イニングは無安打に封じて、求める「球質」を体現できた部分もあった。チームの敗戦に責任を感じる一方で、今後のきっかけとなる収穫を手にしたことも確かだ。

 「リリースを前にして、バッターとの距離を詰めることを意識した。160キロは別にして、ストレートは(打者を)押し込める感覚はあった。そのあたりが途中、しっかりできたと思う」

 日本人では3人しかマークしていない160キロに達成感はなくても、球速の壁を打ち破り、藤浪晋太郎の「伸びしろ」は示した。悔しさしか味わっていない笑顔なき4年目。屈辱を力にできる強さを22歳は備えているはずだ。 (遠藤 礼)

 ▼広島・鈴木(藤浪の160キロについて)表示は見えた。でも、ストライクゾーンに来ていないので何とも言えない。

 ▼阪神・香田投手コーチ(7回途中3失点で降板した藤浪に)4安打3失点ということは安打1本で点を取られていることになるからね。(160キロについて)そういうことよりも、まずはしっかりカウントを作って、打者を追い込んでいくことの方が大事。

 ≪プロ野球6人目≫藤浪(神)が広島戦の初回、鈴木への3球目に自己最速を2キロ更新する160キロをマーク。球速160キロ以上を計測した投手はプロ野球6人目で、日本人では由規(ヤ)、大谷(日)に次いで3人目。

 ≪甲子園で8戦勝利なし≫甲子園では今季初戦の4月12日DeNA戦に勝って以降、8試合で勝利がない。昨季まで通算36試合で19勝4敗、防御率2.37という圧倒的な成績を残したが、今季は防御率4.42と苦戦している。

最終更新:9月15日(木)22時47分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]