ここから本文です

広告ブロックのAdBlock Plus、広告プラットフォームを立ち上げ

ITmedia ニュース 9/15(木) 9:46配信

 広告ブロックサービス「AdBlock Plus」を提供する独EyeOは9月13日(現地時間)、同サービス利用ユーザーに“Acceptable Ads”(許容できる広告)を表示する広告プラットフォーム「Acceptable Ads Platform」(以下、AAP)のβ版を立ち上げたと発表した。

広告全面非表示設定はこれまで通り可能

 AdBlock Plusでは2011年から悪質ではないと評価した広告をAcceptable Adsとしてホワイトリスト化し、ブロックしないサービスを提供してきた。同社は広告プラットフォームを手掛けるイスラエルComboTagとの協力によってこのホワイトリスト化のプロセスを大幅に自動化し、ホワイトリスト化した広告のリアルタイム入札サービスとしてAAPを立ち上げた。

 AAPでは、AdBlock PlusユーザーがWebサイトを表示すると、そのWebサイトが一般の広告ネットワークを通じて表示している広告の代わりにAcceptable Adsが表示される。これにより、ユーザーは引き続き不快な広告を見ずに済み、WebパブリッシャーはAAPを通じて広告収入を得ることができるとしている。

 FAQページによると、Adblock Plusのユーザーが見る広告の量が増えるわけではなく、従来通り完全に広告非表示にも設定できるという。

 AdBlock Plusが広告を販売するわけではなく、AAPはホワイトリスト化された広告のみが登録されている広告ネットワークだと同社は説明する。

 AAPは広告業者と広告ブロックユーザーの間の妥協地点を提供するものという。「皮肉なことに、AdBlock Plusはホワイトリスト化プログラムに料金を課すことで批判されることがよくある。だが、大企業でもない存在が改革を起こそうとしたら、すべての人々を喜ばせるのは難しいのだ」。

 米The Vergeによると、AAPの広告収入の80%がパブリッシャーに、残り20%はEyeOを含むAAPの関連企業が分配し、EyeOの取り分は6%という。

 同社はComboTagを通じて米GoogleのAdXやAppNexusなど大手の広告プラットフォームの広告を扱うとしているが、両社は米AdAgeに対し、広告の提供はしないと語った。

最終更新:9/15(木) 9:46

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]