ここから本文です

広島・薮田初回にまた…CSローテ入り一発“快投”ならず

デイリースポーツ 9/15(木) 9:00配信

 「阪神4-6広島」(14日、甲子園球場)

 一発回答とはならなかった。広島・薮田和樹投手が6回4安打1失点。先発の役割を果たして、CSファイナルSでの先発入りへアピールしたが、またも課題の立ち上がりに不安を残した。

 初回、生命線のツーシームが乱れて3四球。二回以降はイニング間のキャッチボールで修正し、勝ち投手の権利を得て降板したが、喜ぶ様子はなかった。

 「前回と反省するところがほとんど同じ。初回がなければ、七回も投げられたと思う。前回(の6回)以上は投げたかった」

 8月31日・DeNA戦で福井の代役として先発して以降、3試合連続で試合は作っている。だが、緒方監督は初回の制球難が頭から離れていなかった。「ああいう立ち上がりを見せられると…。ただ、立ち直ったのは成長といえる」と微妙な評価だった。

 CSファイナルSでの先発は黒田、ジョンソン、野村が確定。薮田は福井、岡田らと4、5番手を争う。指揮官は「(薮田は)一度中継ぎに戻して、入りを見る。2、3イニングのロングリリーフができるかどうか」と話しており、今後の結果次第でチャンスが巡ってくる可能性はある。「(先発入りは)意識はしない」と薮田。2年目右腕は無心で先発の座をつかみにいく。

最終更新:9/15(木) 9:17

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]