ここから本文です

<富山市議会>政活費不正、6人目の辞職願提出

毎日新聞 9月15日(木)10時57分配信

 富山市議会(定数40)を巡る政務活動費の不正請求問題で、市政報告会での菓子代名目で架空の請求を認めた自民系会派の浅名長在エ門市議(65)が15日、市田龍一議長に辞職願を提出した。浅名市議は「全て私の責任で、軽率だった。地域の方々と一緒に働いてきたが、悪いことをした」と陳謝した。

 浅名市議によると、昨年と一昨年の計2回、市政報告会で菓子代に使ったと偽り、計約4万6000円の政務活動費を請求。自宅にあった近所の食品店の白紙領収書に家族に金額を記入してもらったという。一昨年の市政報告会では、自宅にあった飲み物を提供し、昨年は市政報告会自体を開いていなかった。受け取った金は、会合で支援者らに提供する飲み物代などに使ったという。

 一連の問題で、辞職したり辞職願を提出したりした議員は自民系が4人、民進系が2人の計6人となった。同市議会は県議転出による辞職を含めて定数の6分の1超が欠員となるため、補欠選挙が実施される。【久野洋】

最終更新:9月15日(木)10時57分

毎日新聞