ここから本文です

【オリックス】FA視野の糸井に宣言残留認める方針固める

スポーツ報知 9月15日(木)6時7分配信

 オリックスは14日、今オフにFA権の行使を視野に入れている糸井嘉男外野手(35)について、FA宣言した上での残留を容認する方針を固めた。

 3月に国内FA権を取得し、シーズン中から話し合いを継続。最近では14年オフに金子が「宣言残留」しており、球団幹部は「そこ(FA)の部分で考えは変わらない。絶対に必要な選手なので」と説明した。今季は年俸2億8000万円(推定)の1年契約。来年7月に36歳を迎えるベテランの長期契約は難しそうで、FA宣言すれば他球団との争奪戦に発展する可能性は高いが、全力で引き留めを図る。

最終更新:9月15日(木)6時7分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]