ここから本文です

サッカー=UEFA新会長にチェフェリン氏、スロベニア出身

ロイター 9月15日(木)10時46分配信

[アテネ 14日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)は14日、アテネで臨時総会を行い、会長選挙を実施。スロベニア出身のアレクサンデル・チェフェリン氏(48)が選出された。

同氏は2011年、スロベニア・サッカー連盟の会長に選出。これまでUEFAの執行委員会には一切関与しておらず、6月に会長選への出馬を表明するまでは無名だったが、18連盟の支持を取りつけ、投票では42票を獲得。もうひとりの候補、オランダのミハエル・ファンプラーグ氏に大差をつけた。

チェフェリン氏は選出を受けて、「新たな顔がUEFAを率いていくのには今が適切な時期」とコメント。八百長、人種差別、警備と安全、貧富の格差など課題が山積していることも認め、「われわれがやるべきことはたくさんある」と述べた。

最終更新:9月15日(木)10時46分

ロイター