ここから本文です

【清水】肉離れの川口が練習に部分合流 22日天皇杯大分戦での復帰目指す

スポーツ報知 9月15日(木)8時2分配信

 右ふくらはぎの肉離れで戦線離脱していた清水エスパルスDF川口尚紀(22)が14日、三保での練習で負傷後初めて部分合流した。「ケガは問題ない。普通に走れたので良かった」ランニングメニューに参加。8―8の実戦練習は外れたものの、久々に、ボール回しまで一緒に入った。

 第7節のC大阪戦でDF鎌田翔雅(27)が負傷し、右サイドバックとして川口が途中出場。以降、18試合連続でスタメンに名を連ねた。痛みをこらえながら出場した7月24日の千葉戦で自身リーグ1号をマークしたものの、ケガを悪化させ途中交代。検査の結果、全治2か月と診断された。

 今週は様子を見ながら来週から本格合流の予定。目標は、22日・天皇杯3回戦の大分戦(午後3時・中銀スタ)での公式戦復帰だ。直後の25日に2位・松本戦(午後2時・松本)との直接対決を控え、小林伸二監督(56)はターンオーバーを示唆。「まずは、そこがチャンス」W杯最終予選の予備登録メンバーに唯一、チームから選ばれている男の本格復帰は、もうすぐだ。

最終更新:9月15日(木)8時2分

スポーツ報知