ここから本文です

バリ島スミニャックで映画「グリース」をモチーフにしたパーティー

みんなの経済新聞ネットワーク 9月15日(木)14時0分配信

 バリ島スミニャック地区のバーでイベントスペースGatsby Baliで9月10日、70年代のヒット映画「GREASE(グリース)」をモチーフにしたイベント「Grease Party」が開催された。(バリ経済新聞)

映画「華麗なるギャツビー」をイメージした同店

 当日は、同作品の世界観に合わせたワイルドなロックスタイルなどロカビリーファッションに身を包んだ客、およそ500人が集まった。70年代のヒット曲が流れる中、ディナーショーとカクテルパーティーが行われた。

 同店は、アメリカの小説家スコット・フィッツジェラルドの作品で1920年代のアメリカを舞台にした小説と同名の映画「The GREAT GATSBY/華麗なるギャツビー」の優雅で華麗なジャズ・エージの世界をイメージした店で、8月にオープンしたばかり。

 広報のジュディさんは「今後もさまざまなテーマでカクテルパーティーやディナーショーを開いていく予定」と話す。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月15日(木)14時0分

みんなの経済新聞ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。