ここから本文です

0.19秒差の銀「この悔い死ぬまで残る」 競泳・木村

朝日新聞デジタル 9月15日(木)10時13分配信

(14日、競泳男子100メートルバタフライ決勝)

 一番ほしいメダルには、また手が届かなかった。木村敬一は、世界ランク1位で臨んだ14日の競泳男子100メートルバタフライ(視覚障害)で、銀メダルに終わった。これまで50メートル自由形で銀、100メートル平泳ぎは銅。結果を告げるコーチの声を聞くと、しばらくコースロープに頭を当てたまま、天井を仰いだ。

 前半はトップで折り返したが、後半は伸びなかった。ラスト20メートル。競っていた左を泳ぐスペイン選手と手がぶつかった。右へよけると、コースロープにぶつかり失速。0秒19差、逆転を許した。

 全盲の木村にとって、曲がって泳ぐことは避けられない。野口智博コーチは、まっすぐ泳ぐことを目指さず、曲がっても泳ぎ切れるパワーを木村に求めた。

 毎朝5時過ぎに起き、2回の練習と1日5食で体を作ってきた。体重は10キロほど増え、この種目で金メダルをとるために水泳漬けの日々を送ってきた。半年前からは緊張で眠れぬ日も少なくなかった。一番最後にプールを上がると、木村は顔をゆがめて涙をこらえた。「終わるとあっけない。この悔いは、死ぬまで残ると思う」(斉藤寛子)

朝日新聞社

最終更新:9月15日(木)14時14分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]