ここから本文です

<乃木坂46齋藤飛鳥>人間関係にシビアな一面? 「お金が絡むとロクなことない」

まんたんウェブ 9月15日(木)20時50分配信

 アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん(18)が15日、東京都内で行われた映画「闇金ウシジマくん Part3」(山口雅俊監督、22日公開)の女子試写会に、メンバーの秋元真夏さん、衛藤美彩さん、北野日奈子さんらとともに登場。齋藤さんは、大親友から「お金を貸してほしいと言われて貸す、貸さない?」との質問に、登壇者の中で唯一「貸さない」と答えると、「むしろ貸すっていう発想がない。人間ってお金が絡むとロクなことがない。親友っていうけど、お金が絡むと親友じゃなくなっちゃう」と発言し、司会者を驚かせた。

【写真特集】秋元真夏、演技で裸はアリ? ナシ?

 この日の試写会でメンバーの白石麻衣さんがヒロイン役で出演している同作を観賞した齋藤さんは「18歳になってから初めて見た映画。(映画が)刺激的で、18歳になったんだなあって思いました」としみじみ。衛藤さんは、白石さんについて「あんな体当たり演技でソワソワしちゃいました」と明かし、北野さんは「とにかく美人で、自慢のメンバーです」と鼻高々だった。

 また、秋元さんは、劇中で女性が服を脱ぎすてプールに飛び込み、100万円をもらおうとするシーンについて「自分は飛び込まない。人前で裸になるって演技でもちょっと……。(自分は)アイドルっていうのがあるから、ためらっちゃう」と語っていた。試写会には高山一実さん、堀未央奈さんも登場した。

 「闇金ウシジマくん」は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の同名マンガが原作。トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸す「カウカウファイナンス」社長の丑嶋(ウシジマ=山田孝之さん)が、不良債務者たちを容赦なく追い込み、新たな活力を目覚めさせていく過程をリアルに描き、2010年にSeason1、14年にSeason2が深夜ドラマとして放送され、12年、14年に劇場版が公開された人気シリーズ。今年7月からドラマの新シリーズ「Season3」が放送中。

 「闇金ウシジマくん Part3」は、原作の「フリーエージェントくん編」と「中年会社員くん編」をベースにした物語で、ウシジマの幼なじみで情報屋の戌亥(いぬい)役の綾野剛さん、カウカウファイナンスの社員の高田役の崎本大海さん、柄崎役のやべきょうすけさん、女闇金・犀原茜役の高橋メアリージュンさんらおなじみの面々に加え、本郷奏多さん、「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さん、「でんぱ組.inc」の最上もがさん、筧美和子さん、浜野謙太さんらも出演する。

最終更新:9月16日(金)12時47分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。