ここから本文です

広島・新井のMVPを後押しする「98打点」の中身

デイリースポーツ 9/15(木) 11:00配信

 「阪神4-6広島」(14日、甲子園球場)

 2年連続トリプル3の山田哲人よりも、40本塁打の筒香嘉智よりも、首位打者の坂本勇人よりもたくさん、チームに得点をもたらしている打者…それが広島・新井貴浩だ。現在98打点。カープ25年ぶり優勝への貢献度はもう、素晴らしいのひと言だ。

 過去3度、100打点超えを記録してきた新井にとって「98」は特に驚くべき数ではないのだが、彼の総打点の中身を、金本知憲が初めてたたえた。

 カープで同僚だった時代から、金本が新井に口酸っぱく諭していたことがある。

 「意味のある打点にこだわれよ」

 分かりやすく例えるならば、10-0の局面で点差を14点に広げる満塁弾を放つよりも、0-0で迎えた終盤に決勝打を打てる打者になれ、というわけだ。

 「得点圏打率の高さだけで、打者の優劣をはかるのはおかしい」

 これは金本の口癖。つまり、得点圏(二塁、三塁)に走者を置いて打席に入る場面は僅差、大差ともにあるわけで、均衡したゲームでこそ走者をかえせる、そんな印象深い打者になれと、いつも弟分に説いていたのだ。

 阪神時代の新井の印象を阪神ファンはどう見ていたのか。象徴的とも言えるシーズンは移籍4年目の11年だろうか。93打点で打点王のタイトルを獲得しながら、同年はリーグ最多の20併殺を記録。その前年の10年も112打点を挙げたものの、併殺打が19を数えた。フルスイングは併殺と隣り合わせとも言われるが、阪神時代の新井には、どうしても「もろさ」のレッテルが先行していた。

 カープが優勝を決めた11日付の当欄で、金本が新井をたたえたコメントを掲載した。

 「確かに、今シーズンの新井はいい場面で打っていたよ」

 では、金本が認めた「98打点」の中身は実際にどんなものだったのか。わが社記録部に確認してみると金本が抱く印象は正しかった。先制打、同点打、勝ち越し打、逆転打、サヨナラ打、いわゆる殊勲打の数は、新井がカープ最多の27本。坂本と首位打者を争う鈴木誠也の21本に6差もつけているのだ。セ・リーグのMVPは誰か。最近、報道陣の間でそんな話題も挙がるが、この数字を見る限り文句なしで受賞するように思う。

 七回、去就の決まらないマウロ・ゴメスが一時は勝ち越しとなる適時打で残留をアピールした。新井が阪神から事実上の構想外を告げられたのは、ポジションのかぶるゴメスの存在があったから。関西で「勝負弱い」と揶揄(やゆ)された男がこの夜、リーグ最高の打者となって、甲子園にがい旋した。=敬称略=(阪神担当キャップ・吉田 風)

最終更新:9/15(木) 11:41

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。