ここから本文です

三菱商事、ローソン子会社化へ 買収額1500億円規模

朝日新聞デジタル 9月15日(木)10時37分配信

 三菱商事は、コンビニ大手ローソンを子会社化する方針を固めた。株式公開買い付け(TOB)により、出資比率を現在の33・4%から50・1%に引き上げる。買収額は約1500億円規模となる見通しで、近く発表する。コンビニ業界は再編が進んでおり、ローソンへの経営関与を強めて上位2社に対抗する。

 三菱商事は現在、ローソンの筆頭株主。ローソンは子会社化を通じて商品調達力を高めるほか、三菱商事の持つネットワークを生かし、成長が見込めるアジアなど海外展開を加速させる考えだ。

 コンビニ業界では、伊藤忠商事が出資するファミリーマートが今月1日、サークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスと経営統合。合計店舗数で首位のセブン―イレブン・ジャパンの約1万9千店に次ぐ2位になり、約1万3千店のローソンは3位に転落した。

朝日新聞社

最終更新:9月15日(木)12時4分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]