ここから本文です

<民進党>午後に新代表選出 臨時党大会

毎日新聞 9月15日(木)11時21分配信

 民進党は15日午後、新代表選出のための臨時党大会を東京都内で開く。蓮舫代表代行(48)が優勢で、前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎国対副委員長(47)が追う展開となっている。既に投票を締め切った地方票も含めた1回目の投票で蓮舫氏が過半数を得て決着する可能性がある。

 党大会は午後1時に始まり、1回目投票の結果が同2時半過ぎに判明する見込み。過半数を得る候補がいなければ上位2人の決選投票となり、国会議員と国政選挙公認予定者が投票。同3時半ごろに結果が分かる。

 3氏の陣営は15日午前、国会内などでそれぞれ決起集会を開き、最後の支持固めをした。

 今回の代表選は岡田克也代表の任期満了に伴うもので、3月の結党後初めて。新代表は2019年9月までの任期中に衆院議員の任期満了(18年12月)を迎えるため、次期衆院選を戦うことが想定される。

 代表選は総計849ポイントを争う。内訳は(1)国会議員1人2ポイントで計294ポイント(2)公認予定者1人1ポイントで計118ポイント(3)党員・サポーター約23万5000人で計231ポイント(4)地方議員約1600人で計206ポイント。【野口武則】

最終更新:9月15日(木)11時21分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。