ここから本文です

ドルト6発圧勝 右足痛めた香川は納得の出番なし

日刊スポーツ 9月15日(木)9時2分配信

<欧州CL:レギア・ワルシャワ0-6ドルトムント>◇1次リーグF組◇14日◇ワルシャワ

【写真】アグエロ3発 マンCがホームでボルシアMG下す

 MF香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)が、アウェーでレギア・ワルシャワ(ポーランド)に6-0で圧勝した。

 前半7分、MFデンベレの左サイドからのクロスにMFゲッツェが頭を合わせて先制すると、同15分にはMFゲレイロのFKをDFパパスタソプーロスがヘディングシュートを決めて2点目をゲット。同17分にもゴール前のこぼれ球をDFバルトラが右足で押し込み、3-0で前半を折り返した。

 後半に入ってもドルトムントの攻勢は続き、同6分にカウンターからゲレイロがこぼれ球を左足で流し込み、同31分には交代出場のMFカストロ、同42分にはFWオバメヤンがゴールを決めた。

 右足を痛めている香川はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。「3-0になり、4-0になった時点でもう…。足の状態もまだパーフェクトではないので、監督とも話し、そういう意味では出ないかなとは思ってました。まずはしっかりとコンディションを整えて、そういう不安がない状況でしっかりと、練習と試合に挑めるようにしたい」と、出番がなかったことには納得。2季ぶりの欧州CLについては「やはり良い雰囲気ですし、あとは他のチームやリーグを見てもね、こういう(雰囲気の中で)競い合えるというのはすごく幸せですし、次はレアルなのでね、しっかり準備したいのと同時に、まぁ(国内の)リーグが1勝1敗なんで、しっかりとこの勢いを続けていけるようにしていきたいです」と意気込みを見せた。

最終更新:9月15日(木)10時30分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]