ここから本文です

東芝、特設注意市場銘柄の解除を申請 監督機能強化など

朝日新聞デジタル 9月15日(木)10時49分配信

 不正会計問題で東京証券取引所から「特設注意市場銘柄」に指定されている東芝は15日午前、指定解除の審査に必要な書類を東証に提出した。東証側は管理体制の改善状況を審査し、解除するかどうか判断する。

 提出された「内部管理体制確認書」は、東芝によると添付書類も含めて約2万8千ページに及ぶ。内容は非公開だが、取締役会の社外取締役を過半数にして監督機能を強化する、などの再発防止策をまとめたものだ。東証に確認書を提出した橋本紀晃・上席常務は「緊張感を持って審査に対応する。再発防止策の継続的な徹底で、信頼回復に努めたい」と話した。

 一連の不正会計問題を受け、東証は昨年9月、「全社的に適正な会計処理に対する意識が希薄だ」として、投資家に注意を促す特設注意市場銘柄に東芝株を指定した。これにより、東芝は、市場からの資金調達が事実上できなくなっていた。(川田俊男)

朝日新聞社

最終更新:9月15日(木)11時12分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]