ここから本文です

ブッシュ前米大統領、退役軍人描いた画集を出版へ

ロイター 9月15日(木)12時13分配信

[オースティン(米テキサス州) 14日 ロイター] - 米国のジョージ・W・ブッシュ前大統領が来年2月28日、退役軍人を描いた画集を出版する。ブッシュ氏の事務所と出版社のクラウン・パブリシング・グループが14日、明らかにした。

油絵は2009年の大統領引退後に始めた趣味で、出版は退役軍人支援が目的。収益は支援団体に贈られるという。

「勇者の肖像画:最高司令官から米国の戦士への賛辞」と題された画集には、フルカラーの肖像画66枚と、4枚のパネルからなる作品1点が収録され、絵のモデルに関する逸話が添えられる。

事務所の声明によると、ブッシュ氏はここ数カ月間に98人の退役軍人と面会し、肖像画を描いた。これら作品は来年3月、ブッシュ氏が現在住むダラスの大統領図書館で展示される予定。

最終更新:9月15日(木)12時13分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。