ここから本文です

アライドテレシスのSDNソリューション「SES」、ディー・オー・エスのIT資産管理ソフトと連携可能に

Impress Watch 9月15日(木)12時14分配信

 アライドテレシス株式会社と株式会社ディー・オー・エスは15日、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、ディー・オー・エスのIT資産管理ソフトウェア「System Support best1(SS1)」を連携し、SDNによるネットワーク運用管理の効率化を図るソリューションを提供すると発表した。

 SS1は、IT資産管理を中心に、セキュリティ管理やログ管理など、各種管理業務をサポートする運用支援機能を搭載したソフトウェア。一方のSESは、SDN/OpenFlow技術を用いて企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数・コストの削減、およびセキュリティの強化を実現するソリューションである。

 今回はSESとSS1を連携させることにより、SS1の管理下にあるIT資産管理情報をもとに、ネットワークアクセス制御情報を自動設定できるようになる。これにより、SS1管理下にある端末のみ業務ネットワークを利用可能にすることができ、管理対象外の不正端末から業務ネットワークを守れるという。またSESではネットワーク利用時間や利用ロケーションを設定することも可能なため、業務ネットワークへのアクセス制御設定の自動化による運用効率の向上が図れるとした。

 なお両社では、10月のサービス提供を目指して共同開発検証を行っていくとのことだ。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:9月15日(木)12時14分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]