ここから本文です

戦艦「大和」に乗って砲撃できる ウォーゲーミングジャパンのVRフォトブースに行ってみた

ITmedia ニュース 9月15日(木)12時10分配信

 戦艦「大和」に搭乗したような気分をVR(仮想現実)で味わえる「VR Special photo zone YAMATO」を、オンラインゲーム「World of Warships」「World of Tanks」などで知られるウォーゲーミングジャパンが東京ゲームショウ2016(千葉・幕張メッセ、9月15日~18日)に出展している。

【かわいい衣装に身を包んだお姉さんも】

 VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)をかぶると、大和の主砲やコントロールタワーの上などに乗ったような視点で搭乗気分を味わえる。コントローラーを任意の方向に向けて砲撃することも可能だ。

 体験ブースは緑のクロマキースタジオとなっており、設置されたカメラで来場者がVR体験している姿を撮影、VR映像と合成することでVR空間に来場者が入り込んだような映像をディスプレイに表示できる。VR空間にもカメラのオブジェクトが3DCGで再現されており、HTC Viveのルームスケール機能を使って、体験者はカメラに向かって近づいたりピースしたりできる。

 VRコンテンツの制作は、面白法人カヤックのVR部が担当。ブースを担当していた村井さん(VR部)によれば、「ウォーゲーミングジャパンからフォトブース制作の話を持ちかけられ企画した。東京ゲームショウ2016はVRの出展が多く占めるので、フォトブースでもVRコンテンツを採用した」としている。

最終更新:9月15日(木)12時10分

ITmedia ニュース