ここから本文です

週チャンで「バイオハザード」連載再開、次号は「刃牙」25周年企画多数

コミックナタリー 9月15日(木)15時24分配信

カプコン原作による芹沢直樹「バイオハザード ヘヴンリーアイランド」の連載が、本日9月15日発売の週刊少年チャンピオン42号(秋田書店)にて再開した。「バイオハザード アンブレラコア」と公式連動マンガである同作が掲載されるのは、6月発売の29号以来、約3カ月ぶり。

またチャンピオンでは渡辺航「弱虫ペダル」をフィーチャーした企画「弱ペダ祭」を展開中。最終週の第4回目となる今号では、同作が巻頭カラーで掲載されているほか、巻島裕介と東堂尽八のイラストがプリントされたコースターが付属している。

9月21日発売の次号43号では板垣恵介「刃牙」シリーズの25周年を記念した特別企画を実施。「嘘喰い」の迫稔雄、「テラフォーマーズ」の貴家悠・橘賢一によるトリビュートマンガ、板垣と浜岡賢次との対談、チャンピオン連載陣による祝福コラボイラスト、他誌連載作家や著名人からのメッセージなどが掲載される。

最終更新:9月15日(木)15時24分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。