ここから本文です

デ杯・錦織、シングルス出場回避、疲労を考慮

デイリースポーツ 9月15日(木)12時41分配信

 男子テニスの国別対抗戦・デビス杯の日本対ウクライナ戦の組み合わせ抽選が開幕前日の15日、会場の大阪・靱テニスセンターで行われた。リオデジャネイロ五輪銅メダルで世界ランク5位の錦織圭(26)=日清食品=は、大会初日に行われるシングルスに出場せず、2日目のダブルスから出場する。

 日本のエースが、初日のシングルスを異例の回避となった。4強入りした全米オープンを終えたばかりの錦織は疲労を考慮し、1月のブリスベン国際以来となるダブルスで出撃することになった。「初日から出ないことはあまりないけど、ダブルスに集中して取り組む」。初めて組む杉田祐一(三菱電機)のペアに、「試合の中で試しながら模索したい」と“化学変化”に期待した。

 植田実監督は「錦織は疲れが残っていて、昨日の練習を見て1日必要だと判断した」と説明。ただ、2日目以降はメンバー変更が可能なため、最終日に行われるシングルスには出場する可能性があり、「2日目、3日目のメンバーチェンジはある」と指揮官。相手との駆け引きや錦織のコンディションを見極めながら判断する。

最終更新:9月15日(木)21時41分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。