ここから本文です

志村けんがひとみおばあちゃんで「わさムーチョ」PR、体調だいじょうぶだぁ

お笑いナタリー 9月15日(木)16時4分配信

株式会社湖池屋のPRイベント「わさムーチョ発売記念&新キャラクター就任発表会」が本日9月15日に都内にて行われ、志村けんがゲスト出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このイベントで紹介されたのは、「カラムーチョ」をはじめとするスナック菓子ブランド「ムーチョ」シリーズの新商品「わさムーチョ」。「ムーチョ」の人気キャラクター「ヒーおばあちゃん」と「ヒーヒーおばあちゃん」が敬老の日を前に休暇に入る、という設定が伝えられ、2人の代役として志村扮する「ひとみおばあちゃん」がムーチョブランドの顔に就任した。

志村はひとみおばあちゃんの姿で小刻みに揺れながら登場すると、「“ひーちゃん”と呼んでください。ムーチョのキャラクターをやることになったんですよ。がんばらなきゃならねーですね。ええええ、ええええ」とおなじみの口調で挨拶。わさび味の「わさムーチョ」を試食し、「これは日本人の好きな味。おいしゅうございますね」と喜んでみせた反面、手元に用意された水を飲んで「できれば焼酎がよかった」とつぶやき会場の笑いを誘った。

イベント後に行われた囲み取材で志村は、先日報じられた自身の体調不良について肺炎で2週間入院していたことを報告。「いい夏休みでした。テレビ付けっぱなしでオリンピック観てました」と笑いを交えて当時の状況を説明し、現在の体調を取材陣に尋ねられると「だいじょうぶだぁ」と笑顔で応えた。

「わさムーチョ」は来週9月19日に発売され、これにあわせたPRキャンペーン「ムーチョだョ!全員集合プロジェクト」が発足する。その第1弾として「ムーチョ」シリーズの詰め合わせが抽選でプレゼントされるTwitter連動企画が本日スタートした。

最終更新:9月15日(木)16時4分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。