ここから本文です

モニカ 決勝進出「暴れます」東京では地元が会場に

スポニチアネックス 9月15日(木)7時2分配信

 ◇リオデジャネイロ・パラリンピック 女子スプリント・カヤックシングル200メートル(2016年9月13日)

 リオデジャネイロ大会で初めて正式競技として行われたパラカヌーでただ一人、日本から出場した瀬立(せりゅう)モニカ(18=筑波大学)が念願の決勝進出を果たした。カヤックシングル200メートル(運動機能障害KL1)は上位2人が決勝に進出する予選は4位に終わったが、準決勝で4位に食い込み決勝の切符をつかんだ。

 東京五輪・パラリンピックで多くの競技が開催される江東区に育ち、中学時代には同区中学校合同のカヌー部に所属していた。高校1年時に体育の授業中に転倒して車いす生活になると、1度は競技をあきらめかけたが家族らの支えで再びカヌー競技に取り組んだ。

 2020年のカヌー会場は江東区に隣接する中央防波堤埋立地が予定されている。「決勝進出は東京に向けての最低ライン。それをクリアできた。リオで決勝を経験できることが大きい。決勝では暴れます」メダル争いは難しい状況だが、18歳が燃えていた。

最終更新:9月15日(木)7時2分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]