ここから本文です

<秋季高校野球>19歳女性審判員デビュー 「夢は甲子園」

毎日新聞 9月15日(木)12時15分配信

 今月10日に開幕した高校野球の秋季栃木県大会で、新たなスタートを切ったのは球児たちだけではない。今春高校を卒業した下野市の会社員、和田佳奈さん(19)は、県高校野球連盟初の女性審判員として、公式戦デビューを果たした。緊張感に包まれながらもキラリと光る冷静なジャッジもあり、力強く第一歩を踏み出した。【萩原桂菜】

 昨夏までは宇都宮工野球部のマネジャーとして、球児と共に甲子園を目指していた。兄裕太さん(23)の背中を追い、小学1年生の頃から野球を始めた。中学までは選手で、男子部員と共に白球を追っていたという。

 高校ではマネジャーになったが、転機は高校1年の冬に受けた審判講習会。県高野連審判部の鈴木邦彦部長に「やってみないか」と誘われ、審判員として野球に関わり続けることを決めた。「ずっと男子だけの中で野球をやってきたので、(県内では女性がいなかった)審判員になることに不安はなかった」

 デビュー戦は10日に宇都宮市の県営球場で行われた1回戦。高根沢と、部員不足の4校による連合チームの試合で、三塁塁審を任された。

 さすがに一回は最も緊張したという。「誤審があったら……」と考えて落ち着かなかったが、徐々に試合の雰囲気に慣れていった。きびきびとした動きで打球の行方を追いながら、グラウンドを駆け回った。

 冷静さが光ったのは七回。二塁走者が三盗を試みた場面だった。セーフかアウトか、タイミングはきわどかった。捕手から三塁手への送球が左翼方向へそれたのを確認した後、「セーフ!」と大きな声で判定した。「しっかりとボールの行方を最後まで見届けてからコールすることができました」と、ほっとした様子で振り返った。

平日は会社員として働きながら、空いた時間を見つけてはルールブックを開く。「今まで関わってきた野球とは全然違う」と審判員として野球のルールの奥深さを学び、日々厳しさも実感している。

 それでも、「試合中、選手は落ち込んでいる時に審判に声をかけてもらうと、『見ててくれているんだな』と励みになる」と自身の体験を踏まえ、「選手には『つらくても頑張ろう』と声をかけていきたい」と語った。

 夢は甲子園や国際試合なども担当できる審判員だ。

最終更新:9月15日(木)12時17分

毎日新聞

スポーツナビ 野球情報