ここから本文です

<明日のとと姉ちゃん>9月17日 第144回 “鉄郎”向井理、結婚祝いに妻を連れて再登場!

まんたんウェブ 9月16日(金)13時0分配信

 高畑充希さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「とと姉ちゃん」は、第24週「常子、小さな幸せを大事にする」を放送。17日の第144回は、美子(杉咲花)の結婚祝いの最中、音信不通だった鉄郎(向井理さん)が妻の幸子(岩崎ひろみさん)を連れて現れる。新潟で米を作っているという鉄郎は、かつて小橋家の米を食べ尽くしたおわびだと米を渡す。そして、「農家に休みはない」と慌ただしく立ち去る鉄郎に、常子(高畑さん)たちは別れを告げる……。

【写真特集】鉄郎・向井理が再登場、嫁は?…第24週の名場面

 「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」創業者の大橋鎭子(しずこ)の軌跡をモチーフとしたドラマ。11歳で父を亡くしたことを境に家族の父代わりとなった小橋常子が浜松から上京し、女性向けの雑誌を創刊。高度経済成長期を生きる女性に支持されていく……というストーリー。

 第23週「常子、仕事と家庭の両立に悩む」は、「あなたの暮し」へのいやがらせが続く中、星野は転勤の内示を受ける。仕事に懸命に取り組む常子に明かせずにいた星野だったが、息子の大樹(荒井雄斗君)が学校でいじめられていることを知り、転勤を決意、常子へ別れを告げる。仕事に生きると決めた常子は、三種の神器の一つ、洗濯機の試験を始めるが、新聞記者の国実(石丸幹二さん)の企てで、全国紙にも商品試験の公平性を問う記事が掲載され、しかも社員が情報を漏らしたことを明かされる……という展開だった。

最終更新:9月16日(金)13時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。