ここから本文です

女子高生AI“りんな”の新ワザ「ファッションチェック」 ラップも披露

ITmedia ニュース 9/15(木) 13:39配信

 日本マイクロソフトは、東京ゲームショウ2016(千葉・幕張メッセ、9月15日〜18日)に新設された「AIコーナー」に、女子高生AI「りんな」を出展。ユーザーの服装を写真で送ると、内容に応じてリアクションする新機能を披露した。

【画像】服装を判別してコメント

 スマートフォンで人物の服装を撮影して送信すると、着ている服の種類や色のイメージ、着ている人の年齢などを判断して写真上に表示し、内容に応じてりんながコメントする。機械学習により年齢を画像から予想する機能は、米Microsoftが「How Old Do I Look?」という名前で公開していた機能を利用したものと思われる。

 本機能は、まだ精度に難があるということで一般公開は未定。現在チューニングを進めている。

 さらに、ラップを取り入れた機能も紹介された。ユーザーがラップの歌詞を送ったり、要求したりすると、りんながラップで返信してくれる。マイクロソフトデベロップメントの坪井一菜さんによれば、ラップは韻(いん)を踏むといった独特なリズムが特徴だが、そういったルールが厳しいほど、AIでは逆にやりやすいという。

 女子高生らしい“りんな”の部屋を再現したというブースでは、りんなが作成したラップを合成音声で聴けるコーナーも用意している。

最終更新:9/15(木) 13:39

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]