ここから本文です

dit、1Gbpsネットワークでの利用に適したネットワークレコーダアプライアンス

Impress Watch 9月15日(木)12時46分配信

 株式会社ディアイティ(以下、dit)は15日、1Gbpsネットワークまででの利用に適した中小規模向けネットワークレコーダーアプライアンス「Capture Engine Appliance」を、同日より販売すると発表した。

 「Capture Engine Appliance」は、広範囲に利用されている1Gbpsネットワークの定常的なパケットキャプチャに最適化されたアプライアンス。キャプチャ用インターフェイスとして1000BASE-T×2ポートを搭載し、異なる2つの通信の同時キャプチャや、チーミングによる最大2Gbpsの通信のキャプチャが可能だ。

 エンジンとしては、米Savviusがネットワークレコーダ「Omnipliance」で使用している「Capture Engine for Omnipeek」のWindows版を搭載しており、LANアナライザ「Omnipeek」をコンソールとして利用して高度な解析モジュールを利用できる点は、Omniplianceシリーズと同じ。Omniplianceシリーズと同機能を持ちながら、1Gbpsネットワークに特化させることで、ditが安価にアプライアンス化を行ったという。

 ストレージは1.8TBのキャプチャデータ保存領域を内蔵。さらに、多くの要望があったという外部ストレージの利用も実現しており、管理用インターフェイスを介した外部ネットワークストレージへの保存、USB 3.0ポートを介したUSBストレージへの保存により、キャプチャデータの保存領域を柔軟に拡張可能としている。

 価格(税別)は、Capture Engine Appliance STDが185万円、Capture Engine Appliance LEが198万円。後者はキャプチャエンジンのリモート管理用Omnipeekである「Savvius Omnipeek Connect」をバンドルしており、初めてSavviusのキャプチャ機器を導入するユーザーに適しているという。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:9月15日(木)12時46分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]