ここから本文です

板尾創路が濃厚キス、5人の監督が蘇らせる日活ロマンポルノ新作の予告編公開

お笑いナタリー 9/15(木) 17:00配信

板尾創路が主演を務める日活ロマンポルノの新作「ジムノペディに乱れる」。この作品を含む「ロマンポルノリブートプロジェクト」共通の劇場予告編が本日9月15日にYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

板尾出演の「ジムノペディに乱れる」はラブストーリーの名手として知られる行定勲監督がロマンスをテーマに不器用な大人の恋愛を官能的に描くもの。板尾は撮れない日々が続く映画監督の古谷慎二を演じている。予告編では共演する芦那すみれ、岡村いずみら、若手女優と濃厚なキスを交わす刺激的なラブシーンが解禁に。日活ロマンポルノ黄金期に活躍した風祭ゆきも登場する。

「ロマンポルノリブートプロジェクト」では日活ロマンポルノの製作開始45周年を記念し、行定、塩田明彦、白石和彌、園子温、中田秀夫がそれぞれオリジナルのロマンポルノ作品を撮り下ろした。「ジムノペディに乱れる」は11月26日(土)、塩田監督作「風に濡れた女」は12月17日(土)、白石監督作「牝猫たち」は2017年1月14日(土)、園監督作「アンチポルノ」は1月28日(土)、中田監督作「ホワイトリリー」は2月11日(土)に東京・新宿武蔵野館ほかにて順次公開。またBSスカパー!にて各作品の劇場公開同日24時より、R15+版が放送される。

最終更新:10/18(火) 19:15

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]