ここから本文です

【フィギュア】羽生「普通に練習できている。けが明けシーズンという気持ちはない」…一問一答

スポーツ報知 9月15日(木)6時8分配信

 フィギュアスケート・羽生結弦(21)=ANA=が13日、拠点のカナダ・トロントで練習を公開した。以下、一問一答。

 ―左足の状態は?

 「見ての通り、普通に練習できている。けが明けシーズンという気持ちは全くない」

 ―療養中の2か月は何をしていたか?

 「自分や他の選手の演技を見たり。大学の勉強ができた」

 ―けがをしない体づくりなど考えたことは?

 「選手はみんな、どこか痛かったりするもの。けがに対する恐怖感はない。練習への取り組みはすごく考えたりした。大きなけがをしたことによっての考え方はついた」

 ―4回転ループを初めてプログラムに入れる。

 「試合で跳べるジャンプを作っていかないといけない。今まで難しいジャンプを組み込んだ1年目はどういう感覚になっていたか、踏まえて練習していきたい」

 ―五輪のプレシーズン。位置づけは?

 「プレシーズンだから、という感じはない。一つひとつの試合に丁寧に向き合って、結果や内容を分析して課題を見つけて、練習を確立していきたい」

最終更新:9月15日(木)6時10分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]