ここから本文です

直前にギア故障、諦めず30キロ疾走 銀の鹿沼由理恵

朝日新聞デジタル 9月15日(木)11時46分配信

(14日、自転車女子タンデム個人タイムトライアル)

 試練を乗り越えた先に、銀メダルが待っていた。自転車女子タンデム個人ロードタイムトライアル(視覚障害)に出場した鹿沼由理恵は、「最後まで諦めなくて本当に良かった」。スタート1分前。ギアの故障に気付き、最も重いギアだけで30キロを走らざるを得ない状況に追い込まれた。それでも前席のパイロット役田中まいと力を合わせて2位のタイムでゴールした。田中は「鹿沼さんと一緒にメダルが取れてうれしい」とほほえんだ。

朝日新聞社

最終更新:9月15日(木)11時46分

朝日新聞デジタル