ここから本文です

【アウトメカニカ16】食べるところには不自由しない展示会場

レスポンス 9月15日(木)20時7分配信

9月13~17日、ドイツ・フランクフルトにおいて、世界最大規模の自動車産業総合見本市「アウトメカニカ・フランクフルト」が開催されている。今年は76カ国から計4820社が出展しているということで、10以上の巨大なホールを使用する大規模な開催となった。

[関連写真]

会場の東側には、ホールに取り囲まれるように大きな広場がある。ここで多くのコーヒースタンドやホットドッグ屋などの出店が行われているのだが、その数、密度がとにかくハンパない。ほぼ30メートル置きに何かしらの出店があり、その種類もフレッシュジュース、コーヒー、アップルワイン、ビール(様々な種類がある)などの飲み物に加え、ケーキ、アイスクリーム、クレープなどのスイーツの他、軽食と言えるカリーヴルスト(カレー粉がかかったドイツで人気のソーセージ)、ハンバーガー、ピザ、ブリトー、プレッツェルなど。

どこも多くの人で賑わい、長い列ができている出店もいくつかあり、まるでお祭り状態。連日約30度という気温が続いていることもあり、アイスクリームを食べながら歩く人が目立った。

出店の他にも、各ホール内に多くのレストランやカフェがあり、食べる場所には困らないフランクフルト・メッセ。来場の際には、各社のブースだけでなく、食べ物のチェックも忘れずに。

〈取材協力:アウトメカニカ〉

《レスポンス 関 航介》

最終更新:9月15日(木)20時7分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]