ここから本文です

虎党・渡辺謙 阪神に怒りより「寂しい」 補強点は「4番と抑え」

デイリースポーツ 9月15日(木)15時49分配信

 俳優の渡辺謙(56)が15日、大阪市内で行われた主演映画「怒り」(17日公開)の取材会に出席し、阪神タイガースに対するさみしさを口にした。

【写真】トラッキーも号泣の瞬間撮られた…

 熱烈な虎党として知られる渡辺。映画のタイトルにちなんで、今シーズンの阪神に対しての怒りを尋ねられると「怒りじゃないです。寂しいだけです」とこぼした。

 取材開始時には「きょうは(阪神の話は)少しだけで」と自制していたが、終了間際に今年の阪神について質問されるとやはりブレーキが効かなかった。「ちょっと迷走しましたね。金本監督1年目で、スタッフィング、選手もそうでした。シーズン前に課題を感じてたんですが、それがそのまま出ましたね。ぼくみたいな素人が見ててもそう感じるんだから」とまくしたてた。

 あまりの熱量に同席していた李相日監督(42)は「(話すスピードが)2倍になってますよ」と苦笑い。娘役を演じた女優・宮崎あおい(30)もあっけにとられるばかりだった。関係者が「次の取材もありますので」と強制終了をかけても虎トークはとどまるところを知らなかった。

 補強のポイントについては「全体を立て直す必要がある。でも、やはり4番と抑えでしょう」と力説した。阪神は9月14日の試合終了時点で最下位・中日とわずか0・5ゲーム差の5位。最下位も十分あり得る位置にいるのがよほど悔しいようで「藤浪くんがあんなに勝てないなんておかしいんだから!」と最後まで阪神愛をあふれさせていた。

最終更新:9月15日(木)21時46分

デイリースポーツ