ここから本文です

南三陸で手作り雑貨のマルシェ 刺しゅうやレジンのワークショップも /宮城

みんなの経済新聞ネットワーク 9月15日(木)20時6分配信

 南三陸町の複合交流施設「南三陸ポータルセンター」(南三陸町志津川)の大型テントで9月18日・19日の2日間、「みなみな手づくりマルシェ」(主催=南三陸町観光協会)が開催される。(三陸経済新聞)

 雑貨販売と手作りワークショップのイベントで、同協会が主催するようになってから2回目。今回は秋にちなみ「芸術で遊ぼう!」をテーマに、ハンドメードや一品ものの良さをアピールする。町内外から8社(者)が出店し、自慢の手作り雑貨を販売するほか、刺しゅうやレジングッズ、クラフト紙を素材にした雑貨作りのワークショップも行う。

 同町で開業したばかりの美容室も参加し、顔に猫のメークを施す「ネコメークコーナー」を設け、ミュージカル「CAT’S」のようなフェイスペインティングも楽しめる。

 「来場者からは『地元で作られているものを見るのは楽しい』という反応がある。特に子連れのお母さん世代からの評判がいいようだ」と同協会の千葉裕美さん。「町内はもちろん町外へのPRなど、得意な情報発信の分野でこのイベントを盛り上げていきたい」と意気込みを見せる。

 開催時間は両日とも10時~15時。ワークショップの参加料は500円~1,000円前後。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月15日(木)20時6分

みんなの経済新聞ネットワーク