ここから本文です

渡辺謙「覚悟してください」 映画「怒り」ジャパンプレミアで挨拶

スポニチアネックス 9月15日(木)7時2分配信

 俳優の渡辺謙(56)が14日、都内で行われた主演映画「怒り」(監督李相日、17日公開)のジャパンプレミアに宮崎あおい(30)、妻夫木聡(35)ら豪華共演陣とともに出席した。

 殺人事件の犯人を追いながら「人を信じること」の意味を問い掛ける感動作。10日(日本時間11日)に行われた第41回トロント国際映画祭の公式上映で、観客の一人になって感涙した渡辺は「相当、インパクトの強い作品。覚悟してください」と呼び掛けた。

最終更新:9月15日(木)7時2分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。